6/8(月) 避難所データベース整備、更新しました!

こんにちは。scuderiaです。

この度「避難所データベース」を更新しましたのでご案内します。

dt140831p03

今回の更新のトピックスは2つです。

★前回2014年度には9万件だった避難所データが、国の規定が変わったことにより、
3万件増えて12万件になりました。

★避難所データの中に『標高』という項目が加わり、津波の震災に有効になりました。

20120410123636620

別途、避難所には「種別」があり、種別には3種類があります。

1.一時避難場所

2.広域避難場所

→1と2は、身を守るために集合する場所のことです。

3.収容避難場所

→これに対し、防災倉庫が設置されている収容避難場所は、一定期間、
生活に必要な物資をある程度そろえており、屋内施設が指定されているため、
降雨などの心配ないような施設になっています。

※この種別は、2013年6月に改正された災害対策基本法で区別され、
自治体レベルで独自に管理されているものです。

hinannjodb

今回の改訂で、避難所の情報として、リクエストの多かった「標高」の情報を追加取得いたしました。
先の東日本大震災の教訓を生かして、地震の後の津波対策として、なるべく標高の高い避難所に避難するようにして下さい。

全国避難所データは、避難所名称、種別、住所、緯度経度、一部電話番号が入った
データベースです。

主に採用されいらっしゃる会社様事例としては、

・大手住宅メーカー
・損害保険、生命保険会社
・心臓のペースメーカーを販売している会社
・修学旅行などを企画されている旅行代理店
・ケーブルテレビ会社の地デジのコンテンツとして

といった業種の会社様にご利用いただいております。

2

年に一度、この時期に定期的に整備、更新を行っております。

避難する場所の確認は、定期的にご家族や会社の同僚の中でマメに
実施することが大切です(^O^)

1

ご興味のある方は、是非、ご活用下さいませ。

避難所データの価格はこちらです↓hinannjodb2

お気軽にお問合せ下さいませ(^O^)

避難所データベースについての詳細はこちら。
data_dl_btn

カテゴリー: 各種DBのご紹介 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>